Company

福岡市の保護猫カフェまでご家族でご来店ください

人と動物が共存できる社会創り

殺処分のない文化の実現

fhsj_logo

行動コンセプト

日本の犬猫の殺処分は年間 8 万 3 千匹(2017 年現在調べ)。
流通過程や、死ぬ場所が保健所でない闇に消えている数を入れると、この倍は命が亡くなっています。


私たち福岡動物愛護協会は、殺処分の蛇口を締めるセミナーや勉強会、啓蒙活動のアイテム開発など、
啓蒙活動にあたる企画・運営を中心に活動していきます。
その中で地域のボランティア団体と啓蒙活動の部分で連携し、
個で動くのではなく団体として動くことで最小のパワーで最大の啓蒙効果があげられると考えます。


動物愛護の問題は民間の個人ボランティアだけでなく、企業などと連携していきたいと考えています。
そのための形として、現在は一般社団法人ですが将来、公益社団法人を目指しています。

image1

私たちの計画

10年後を目途にドイツのティアハイムのような保護の機能だけでなく、動物を飼おうと思ったときに
ペットショップではなく保護施設を訪れる習慣を実現できる象徴的なシェルターを実現したいと考えています。

そのためには、啓蒙活動だけでなく直近2〜3年の計画は 当団体の拠点である
糸島の殺処分をゼロに近づける活動を啓蒙活動(勉強会や講演会など)を
開催しながら 現場の仕組みづくりと啓蒙活動の二軸を中心に活動していきます。

福岡市に店を構える保護猫カフェまでご家族全員でご来店ください

概要

会社名 一般社団法人 福岡動物愛護協会
住所 福岡県福岡市早良区原3-12-12
電話番号

092-834-5159

092-834-5159

代表理事 長 あかね

動物取扱番号

E3101077(展示)

E3101076(保管)


登録年月日:2020年2月28日
有効期間:2020年2月27日

地図

会計報告

    里親と保護猫達との出会いの場として機能できるよう運営中

    殺処分をゼロにし動物達との共生世界のため活動中です

    人間は生きるために動物達を飼育し、その命を頂くことで命を繋いで生活している側面もあります。そうした生きるために必要なこととして動物と向き合いながら、一緒に暮らすかけがえのない家族の一員として猫達を家に招くご家庭も多々ございます。大切な家族との生活は、人間側と猫側に深い愛情と幸せを生み出します。一方で、ペットとしての猫の需要があるからという人間側の事情で猫達が勝手に増やされてしまう悲しい現実もございます。

    この世に尊い生を受けた猫達も、飼い主が見つからないケースや、大切な家族として幸せな日々を過ごしながらも飼い主側の事情で行くあてがなくなってしまうケースも多々発生してしまいます。このような猫達が殺処分という現実に直面することがないよう、保護しながらカフェでの里親探しを行っています。行くあてがなかった猫達に、心からの愛情を持って接してくださるご家族とのご縁を繋ぐことができますよう、多くの方に保護猫達がいるカフェを知っていただけるようにと、尽力を重ねてまいります。猫達の保護に心を痛めていらっしゃる優しい方から、ただひたすら猫が好きだという方まで、多くの方にご来店いただけますと嬉しい限りです。

    福岡市早良区が拠点の猫カフェ・伊都にゃ~ごには、猫が好きな方々が多くご来店いただき、感謝の気持ちで一杯でございます。皆様が気軽に保護された猫達と触れ合ってくださることで、猫達の心も癒されてまいります。猫達と遊ぶ中で、気に入った子がいましたら、里親として猫を迎え入れることをご検討くださいますと嬉しい限りです。殺処分という悲しい最期を迎えるのではなく、信頼できるご家族の一員として猫達の一生を全うしていただきたいという想いで、動物愛護団体としての活動とカフェの運営に努めています。

    猫達を自分たちの事情や責任で放棄するのも人間ながら、その猫達を引き取って心を癒すことができるのもまた人間です。人間の愛情と思いやり溢れる側面が強く出ている環境内へ、福岡市で過ごす猫カフェの子達を送り出すことが、このカフェの大きな役割の一つと考えています。猫達に優しく愛情深いことはもちろん、経済的に自立していて猫達と一生の間を過ごすことができそうか、現在一緒に暮らしているご家族様も同様のお気持ちか、また猫アレルギー等はお持ちでないか等、僭越ながら審査させていただき、大丈夫と判断されたご家庭へ猫をお任せいたします。